お口のフローラを整える
「善玉菌習慣」

「腸内フローラ」という言葉は、腸内の微生物バランスをフローラ(お花畑)に例えた言葉。
腸内の微生物バランスを整える工夫をしてきたように、お口の微生物も良いバランスに保ちたい。
なぜならお口は、その腸とバランス関係にあることがわかってきたからです。
お口から始めるカラダケア。善玉菌習慣を始めましょう!

お口のフローラを
サポートする

歯みがき粉

生きた
善玉菌を補う

菌のトリートメント

さあ、はじめよう

フローラの為には、
歯みがき粉を使わないか、ゼンダマンか。

もはや従来の歯みがき粉ではありません。 お口のフローラの理想を叶える善玉菌の味方なのです。


無添加で自然由来成分だけ。
安心のフッ素不使用。

毎日使うものだからカラダのことを考えて、合成着色料、合成香料、パラベン、 ラウリル酸 Na、サッカリン Na、石油由来界面活性剤は使っておりません。
また、世界基準で問題になっているフッ素も使用しておりません。

口腔ケアの専門家も勧めるお口専用の善玉菌。

つぶつぶの正体であるK12とM18は、ニュージーランドのオタゴ大学のジョン・タグ教授が、虫歯になり難い人のお口環境を30年研究し続け発見した善玉菌です。

海外では、この口腔善玉菌を使った多数の成功事例が報告され、また多くの専門家が、「実感を得られるのが早い」「耐性菌リスクが極めて少ない」「自然で優しい方法」などの理由で、口腔善玉菌を利用したケアを推奨し、多くの歯科医院で活用しています。

私たちは、この菌の画期的な研究成果を活かして実用化するため、複数の専門家とタイアップして実用化に着手しました。

これからは、おなかの中は殺菌しないように
「お口の中」も善玉菌の活躍環境を考えましょう。