サリバリウスK12・M18菌について

アメリカおよびニュージーランドの研究で、
元々口腔内の健康が保たれている2%程度しか
いない対象者(群)から
口腔内の微生物ストレプトコッカス・
サリバリウス(Streptococcus salivarius )
K12株とM18株が分離されました。 Salivarius

K12株とM18株(サリバリウス菌)は、アメリカおよびニュージーランドオタゴ大学tagg教授による30年に渡る研究を通して発見された口腔用プロバイオティクスです。
この研究では、K12とM18株を投与すれば、口腔内の健康を保つことが出来るのでは、と考えられました。

元々、人の口腔から分離された菌ですが、最近の研究で口腔内のケアがより必要な動物に対してもその力が認められ、医師はじめ専門家の間でも注目されている口腔善玉菌です。

口腔善玉菌製剤のパイオニア プレミアモード